焚き火台や着火道具など5000円で焚き火道具一式をコンパクトにそろえることもできる

わたしの焚き火台や着火道具たち

わたしが焚き火に持って行く実際に使っているものやおすすめの道具を紹介します。
わたしが焚き火に行くときは、ほとんど125ccのスクーターに乗っていくので、出来るだけコンパクトで積載可能な、かつなるべくお安い道具をそろえるようにしています。今回は私が使っている道具を中心に焚き火を楽しむための基本の道具を紹介します。5,000円で日帰り焚き火を楽しむ道具をそろえることもできますよ。

焚き火台(ファイアスタンド)

焚き火OKでも、直火NGのサイトがけっこう多いので、焚き火を楽しむためには焚き火台が必要です。

まずは、数ある焚き火台の中から一番お安いタイプから紹介します

メッシュ焚き火台


YOLER ファイアスタンド 焚き火台 メッシュシート 3分割型 超コンパクト 24cm収納 収納バッグ付 > Amazon

参考価格:¥1,990
初期のころ私が主力で使っていた焚き火台です。
とてもコンパクトに収納できるのでいいのですが、メッシュを折らなくてはならないので、耐久性の問題はあります。

焚き火有効面積約 41.5cm × 41.5cm
重さ約1.0kg
脚が3分割の組み立て式メッシュ焚き火台です。

分解して専用収納ケースに入れると長さが約24cmとコンパクトになります。
脚を継ぐ部分が緩いところがあり、持ち上げると抜けることがあるんですけれども、最新のものは改良されているようです。

このタイプはステンレスのメッシュシートなので空気の通りがよく薪が良く燃えてくれます。また平面の焚き火台なので、燃えだすと薪の置き方の自由度が高いです。

注意:この焚き火台には弱点があります。というかメッシュシートは消耗品と考えるべきです。
これは想定はしていたのですが、足が3分割でコンパクトに収納できるのですが、その際にメッシュシートを二つ折りにする必要があります。使っているうちに、この折り目でメッシュが破れました。わたしの場合たぶん10数回使って破れました。水を掛けたりしたのは材質を劣化させたと考えられますが、対策としては、メッシュシートは収納ケースに入れずに折らずに丸めるとかした方が良いと思います。まあ、替えの購入はできるので、メッシュシートは消耗品と割り切って使うべきですね。
焚き火台使い込むとメッシュは黒くなっちゃいますね
焚き火台収納火ばさみ用のトング(25cm)がぎり一緒に収納できます

コンパクトでなくても良いなら脚継ぎではないもう少し安いメッシュ焚き火台がありますし、メッシュシートを折って収納しなくて良いのでお勧めだと思います。物によりますが、収納時の長さは57cm~65cm程度です。

メッシュシートのみ(交換用)

ファイアスタンド 焚き火台 交換シート メッシュシート ステンレス ピン付き 415㎜×415㎜ > Amazon

参考価格:¥489 + ¥ 130 配送料/取扱手数料
メッシュ焚き火台のメッシュシートの交換用商品です。

似たような3分割式メッシュ焚き火台

ファイアスタンド バーベキューコンロ 折りたたみ焚火台 3分割型 超コンパクト  24cm収納 収納バッグ付 > Amazon

参考価格:¥2,000
上で紹介したメッシュ焚き火台と同じように脚を3分割して収納できる焚き火台ですが、脚の接続の仕方が異なり接続用の金具無しにパイプ同士を接続する仕様になっています。そのため重量が軽くなっているようです。
重量約690g

2分割ならメッシュを折らずに済みます

3分割式よりも、収納サイズが長くなります(約44cm)が、メッシュシートを折らずに収納しますので、3分割よりはメッシュシートの持ちがずっと良いと思います。3分割式のメッシュシートが破れた後はこれを購入しました。

BUNDOK(バンドック) 焚火 スタンド ハンディ BD-480 収納ケース付 折りたたみ 44cm収納 焚火台 > Amazon

参考価格:¥2,314
サイズ(約)/W41xD41xH34.5cm
収納時サイズ(約)/W44xD7xH7cm
材 質/メッシュ:ステンレス・フレーム:ステンレス
組み立て式・折りたたみ式・収納ケース付
重 量(約)/1.0kg
このサイズなら、収納時ぎりわたしのスクーターのシート下トランクに入れることができます。

メッシュ焚き火台のオリジナル商品

アウトドア用品に限らずコピー商品は多いですが、ユニフレームのオリジナルファイアスタンドがいいという方はこちら

ユニフレーム(UNIFLAME) ファイアスタンド2 683064 > Amazon

参考価格:¥6,000
さすがオリジナル製品、メッシュシートを脚に差し込む部分の作りがコンパクトでピンの飛び出しがありません。脚の可動部分もネジではなくカシメてあるようなのでネジが緩んで外れてしまうこともなさそうです。重量も490gという軽さ。
しかしながら脚が分割式ではないので収納時の長さが約57cmあります

これらのメッシュ焚き火台のいいところは、シンプルなただの平らな焚き火台ってところです。中央はくぼみますが平らなおかげで薪の置き方の自由度が高く、大きく燃やせる組み方の一つである薪を”井”の字に組む井桁組が難なく出来ることです。意外と井桁組がちゃんと出来る焚き火台って少ないんですよ。
このままでは調理用コンロとしては使いにくいのですが、後でメッシュ焚き火台をコンロとして活用できる道具も紹介します。

ピコグリル398

総重量約わずか489g(収納袋込み)、たためばA4サイズより少し大きいぐらいで、厚さわずか1.3cmというごきげんな焚き火台がスイスSTC社製ピコグリル398

スイス STC GmbHピコグリル 398 Picogrill 超軽量焚き火台 > Amazon

購入時の価格:¥13,100(送料込み)
 串(スピット)2本セット
重量:本体442g (フレーム202g、シェル164g、スピット38gx2本)専用袋47g
素材:ステンレス鋼
サイズ:収納時33.5 x 23.5 x 1.3 cm
スピット上耐荷重:5kg程度
人気のせいで高値になっているかもしれません。

焚き火有効面積38.5cm × 26.0cm なので、キャンプ場で売っているような薪のサイズ(約40cm)だと井桁組みの置き方はしにくいですが、デザイン的に燃焼効率がよく、いい燃え方をします。意外と残る灰の量が少なかったりします。
また、グリルという名のとおり、上に置く串(スピット)があり、串に肉を刺して焼いたり串をゴトクにして焼き物をしたり鍋を置くこともでき、グリルとして使えます。またフレームの上端には突起があるので串が滑り落ちないし別途購入の網を置くときにはうまく留められます。


ソロ焚き火なら収納が本当にコンパクトで、とても良いです。

一点気になることは、上に鍋などを置いた時に若干炎から距離ができるという事です。
このために、炭火でのBBQグリルとしてはいまいちな感じです。
一体になっているフレームを開いて、シェルを載せたら組立完了の2ステップ。

 

ピコグリル398は、今回の記事のテーマ(5000円で)からすると価格的に外れちゃっていますが、長く付き合うなら買って損のない焚き火台です。(キッパリ)
とりあえずやってみようかな、と始める分には最初の方で紹介しているそこそこ軽くお安い焚き火台から始めてみるのが良いと思います。
まあ、きっと焚き火にハマる予感がある人なら、ピコグリルならこれ一台でグリルにもなり別途ゴトクを購入する必要もありませんし耐久性にも問題なく長く焚き火と付き合える良い道具だと思います。
但し、炭火でのBBQには向かないことと、耐荷重の関係で直径20cm超くらいのダッチオーブンは無理だと思います。
ちなみに、この2倍サイズのピコグリルも販売されています。

 
ピコグリルに似たおすすめの焚き火台
TokyoCamp 焚火台 焚き火台 折りたたみ焚火台 コンパクト 軽量 キャンプ 焚火 >Amazon

参考価格:¥4,980
サイズ:横40縦24高さ27cm
収納時 34㎝×24㎝
重量:965g
耐荷重:約10kg

使用時、収納時のサイズはほぼピコグリル398と同じくらいですけれど、こちらのほうがしっかり感があり、実際スピット上の耐荷重も10kg程度あります。
その分重量はピコグリルよりも重いです。といっても1kg切っています。この耐荷重なら直径20cm超のダッチオーブンでも置けそうですね。
フレームの組み立て方がピコグリルとは違っていてピコグリルのように2ステップで完成とはいきませんが、使い方はピコグリルと同じで焚き火台兼グリルとして活用できます。

焚き火台兼バーベキューコンロ

炭火を使った調理用のコンロとして使えるように作られており、BBQをするのにも便利な焚き火台兼コンロの紹介です

ピラミッド型

★フォールディング★BBQコンロ★ケース&収納バッグ付き★ > Amazon

購入時の価格¥3,500
網面積約 31cm × 31cm
重量約2.6kg
収納時は、下に敷いて灰受けになっている二つ折りケースに収めて専用バッグに入れます。

バーベキュー用に購入しました。網を外せば焚き火台として使える組み立て式の焚き火台兼コンロです。
ソロ焚き火(キャンプ)には持って行かないのですが2~3人で炭火でバーベキューするにはちょうどいいくらいの大きさです。
網の位置を下げて使いたいときは、小さ目の正方形網を別途購入して使えます。

焚き火台として使ったときは、40cm程度の薪は直接横置きで中に入れることはできませんので着火するときには短めの木切れや火種を用意した方がいいです。薪を立て気味に入れることで薪に火が回りやすく意外と高い炎になったりします。

灰受け兼ケースの無いタイプならもう少し安いものがあります。
ケース無しの方が軽く(約1.5kg)コンパクトになります。

ロゴス(LOGOS) LOGOS the ピラミッドTAKIBI L コンプリート 81064166 > Amazon

参考価格:¥12,576
有名ブランド「ロゴス」の焚き火台兼バーベキューコンロです。
網面積約 39cm × 39cm
総重量約 2.2kg

さすがロゴス、しっかりした作り(2.2kg)で焚き火台兼グリルのオールインワン仕様の道具です。火に近い網で肉を焼き、遠い方のゴトクでは鍋が冷めないように置くといったような使い方ができます。また片側を開けることで薪の追加がやりやすく、炭だけではなく薪による調理もやりやすくなっています。
ただ、良くできているだけにいいお値段ですが炭火BBQ&焚き火台として良くできた道具だと思います。

コールマン(Coleman) 焚火台 ファイアーディスク

コンパクトさには欠けバイクに積むには困りますが、車移動ならこれはお勧めの焚き火台兼コンロ

コールマン(Coleman) 焚火台 ファイアーディスク 直径約45cm 重量約1.6kg > Amazon

参考価格:¥5,297
サイズ:
使用時/約直径45×高さ23cm
収納時/約直径46×高さ8.5cm
重量:約1.6kg
材質:ステンレス
耐荷重:約30kg(ダッチオーブン3サイズに対応)
付属品:収納ケース

この商品にはもう一回り大きなサイズ60cmのものもあります。

 

いやー、このコールマンのファイアーディスク、いいです!
直径45cmのただのおわん型で、薄めの中華鍋、もしくはBSアンテナのような形をしていますが、おそらくこれが空気の流れを保つ絶妙なラウンド形状なんでしょうね。薪をどう置いても下に程よく隙間ができるし、薪の置き方の自由度抜群です。これを使っている友人がいるので使ったことがありますが、着火は楽だし、キャンプサイトの薪がそのまま入るし。コールマンが『ビギナーが簡単に焚き火ができることに特化したオールインワンモデル。』とうたっているのが納得できる性能です。この性能でこのお値段ならいい買い物だと思いますよ。

Coleman(コールマン) スパークシールド 2000032518 > Amazon

参考価格:¥2,872
本体サイズ:約Φ42×8(h)cm
これは、オプション販売のステンレスメッシュの火の粉除けなんです。
ファイアディスクのうえにすっぽり被せることで、火の粉が飛ぶのを大幅に防いでくれます。

実際に使ってみましたが、火の粉でタープやテント、衣服に穴が開く危険をかなり軽減してくれると思いますし、この画像のように炎はメッシュを透過してきれいに燃えてくれます。

なんだったらこのメッシュで肉焼けそうですねw

メッシュ焚き火台をコンロ(グリル)にする道具

メッシュ焚き火台は比較的安価でいいのですが、そのままではコンロとしては使えないです。まあ薪の置き方を工夫して鍋とかを直に置くことはできますが。
そこで、メッシュ焚き火台をコンロとして楽に使える道具を紹介します。

ユーラー ミニ クッカースタンド シングルバーナースタンド 五徳 ソロキャンプ アウトドア バーベキュー > Amazon

購入時の価格:¥1,890
五徳サイズ 16cm × 16cm
高さ:約12cm
脚間の幅:26cm
収納サイズ:約16cm×16cm×2cm
重量:0.48kg

焚き火台にグリルスタンド

クッカースタンド

そもそもはイワタニのジュニアコンパクトバーナーなどの五徳用なのですが、メッシュ焚き火台の上に乗せて使えないかと購入したらばっちりでした。焚き火台のメッシュの上に乗せてバーベキューをしたり五徳として使えます。この上に網を乗せるなら100均ダイソーの15cm角網がぴったりです。脚は折り畳みになっています。
もちろん、イワタニのジュニアコンパクトバーナーの五徳としても使え、これを使うと安定感がかなりあるのでフライパンなどが扱いやすくなります。

当然、直火OKな場所での焚き火時の五徳として使えます。

上記のスタンドを購入した後に見つけた商品で、これも購入。

BUNDOK(バンドック) マルチスタンド 23 BD-247 焚火 コンロ 五徳 > Amazone

参考価格:¥1,010
サイズ:約260x230x105mm
使用面約230x150mm
折りたたみ式
収納サイズ:約230x185x28mm
重量:約0.38Kg
材質:スチール(クロムメッキ)

上で紹介したスタンドより五徳部の面積が広く重量は軽くなっています。
高さは約2cm低くなっているので火に近く使うことができますが、その分薪を動かしにくいと感じるかもしれません。

まあなにより、BUNDOKブランドで、メッシュ焚き火台用として販売しているところが良さそうな感じがしますね。

防火・耐火シート

カーボンフェルト 45cm×45cm 厚み3.0mm スパッタシート カーボンクロス 耐炎繊維フェルト 防火 不燃フェルト 耐火 アウトドア バーベキュー BBQ 卓上コンロ > Amazon

購入時の価格:¥ 519(送料込み)
焚き火台の下に敷いて使う防火用のシートです。一応持っていますが使ってないなぁ^^;

着火道具、ライター

マッチやライターとか、そもそもの火を発生させる道具で焚き火ではとっても重要な道具です。これが無いと火が起こせませんからね。私は予備のためにたいてい二つ以上は持って行くようにしています。いわゆる100円ライターでも使えますのでコンビニや100均でも買えますが、ちょっと便利な道具を紹介します。

SOTOターボライター

ソト SOTO フィールドライター ターボ ST-484 > Amazon

最近気に入って使っているライターです。私はホームセンターで300円くらいで買ったのですが、Amazonだと送料が掛かって高くなるかもしれません。
全長:28cm
ちょっと長めの着火ライターです。このライターの特徴はまずその長さ、焚き火台で薪を積んだ隙間から中の着火剤に点火するのに具合のいい長さです。ターボライターとなっていますが、炎が吹き出す勢いはそう強くはありません。しかしながらアウトドアで少しくらいの風では消えないくらいの勢いはあります。次に炎の色です、このライターに火を点けてしばらくすると炎の色がオレンジに変わります。たいていのガスターボライターの炎の色は青い色でアウトドアでは見えにくいんですが、オレンジ色の炎がよく見えて使いやすいです。但しこれはガス充填式ではないので使い切りライターです。

チャッカマン本家、東海のライター

東海 チャッカマン ターボ イエロー/グリーン 23.5×4×2.3cm 高火力で安定 風に強い > Amazon

参考価格:¥478
全長23cm
『チャッカマン』は東海の登録商標なんですが、機能的には上記のSOTOのライターと同じようです。

ガス充填式の人気のライター

ソト(SOTO) スライドガストーチ ST-480 [HTRC 2.1] > Amazon

参考価格:¥1,869
アマゾンベストセラーのガス充填式のターボライターです。炎の勢いは強く、青色です。
火口が7.5cm伸縮し、全長は縮めると11cm、伸ばすと18.5cmです。

ファイアースターター

【ノーブランド品】6.3cm ロングVer. アルミ棒 ファイヤースターター ブラック 30357 > Amazon

参考価格:¥359
ファイアースターターとは、マグネシウムの棒を金属で擦って火花を飛ばし火口(ほくち)に点火する道具、、、つまり火打石です。
Bush Craft(ブッシュクラフト) のファイヤースチールが有名らしいです。
うまく点火できると満足感とかが得られる道具です。持ってませんが^^;

着火剤

薪に火を点けるためには、ライターで直接付けようとしてもほぼ点きません。まずは薪に点火するための火だねが必要です。杉の枯れ葉や落ち葉、松ぼっくりなどは良い火種になります。

日影沢キャンプ場焚き火点火
焚き火枯れ葉

しかし、もっと簡単に薪に着火するには着火剤を使っちゃえばいいんです!

調理用固形燃料

固形燃料 カエンニューエースE 25g 1パック 20個 > Amazon

購入時の価格:¥697(20個)
旅館とかの一人用の土鍋とかで見たことがある人は多いと思いますが、これは着火剤というより、調理用の25g固形燃料です。私はメスティン(飯ごう)での炊飯にこれを使っていて、着火剤としても利用しています。

但し、密閉容器に入れて冷暗所で保存しないと主成分がアルコールなので気化して痩せていきます。

固形燃料

上記25g固形燃料と同様の物は、100均ダイソーでも3個100円で購入可能です。

25gの固形燃料は単独では20分程度燃焼します。

調理用ジェル燃料

ニチネン製 パック燃料 着火剤 四角タイプ 27g > Amazon

参考価格:¥595(12個)
パックされているので揮発せず長期保存が可能です。

着火剤燃料

100均ダイソーでも4個100円で購入可能です。

27gパックで単独で18分程度燃焼します。
調理用に五徳で使う場合はジェルパックの下に、アルミホイルを敷いて燃焼させることをおすすめします。

 

着火専用剤

薪だけではなく、敷いた炭に着火するときにはこちらの方が便利です。

ロゴス 着火剤 防水ファイヤーライター 83010000 [HTRC 4.1] > Amazon

参考価格:¥777(21個)
1個あたり約13~17分燃焼します。

尾上製作所(ONOE) ハイチャッカー・L CK-30 > Amazon

参考価格:¥411
板状の固形着火剤です。必要な大きさに割って使います。約7分燃焼します。

着火剤を使う場合でも、焚き火をするときは枯れ葉や細い枯れ枝などを一緒に使う方が確実です。

うちわ・火吹き棒

火口(ほくち)に付いた火を大きくするためや、薪の火力を上げるとき、熾火になった炭から薪に火を点けるときにはうちわや火吹き棒で空気(酸素)を火に送ってやります。ちょっとした道具ですが、焚き火やBBQには重要な道具です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) うちわ 団扇 レジャー PC UG-3262 > Amazon

購入時の価格:¥432
ポリプロピレン製のうちわです。少々乱暴にパッキングしても折れる骨が無いので雑に扱えますw
ちょっとしたまな板替わりにもなるかも。

ダイソーうちわ
100均ダイソーで普通のうちわを買ってもいいし、家に一枚くらいあるのじゃないかな?
 

YOKELLMUX 火吹き棒 焚き火 送風機 バーベキュー必需品 炭などの火起こし 耐久性 伸縮性 コンパクト携帯 ポケット 6段構成 アウトドア キャンプ用 軽量 > Amazon

参考価格:¥398
伸ばすと60cmくらいの火吹き棒になります。ピンポイントで空気を送ることができます。

火ばさみ

燃えた薪や炭を掴むための火ばさみです。わたしはトングを火ばさみ代わりに使っています。こないだ忘れたときは燃えた薪を動かすのに苦労しました^^;
収納に問題なければ、安全のために長い火ばさみをおすすめします。

バーベキュー用のトングですが、コンパクトなサイズの火ばさみとして使っています。手で持つ側面が樹脂になっていて掴みやすくなっていますし、金属部分もペラペラではなく厚めでしっかりしています。丸いわっかの部分を引っ張ると先を閉じて固定できます。それらの見た目で私の調理用のトングと区別しやすいです。3色販売されています。

ちょっとしっかり感が欠けますが、100均の23cmあたりのトングでも使えます。私は収納の点でトングで代用していますが、燃えた薪などを扱う時に火に近いので熱いです。長い方が安全に使えますので、収納に問題なければ長い火ばさみをおすすめします。

18-0 木柄付 火バサミ 45cm > Amazon

参考価格:¥1,178
長さ:45cm
重量:200g
材質:18-0ステンレス・木

スノーピーク(snow peak) Pinchers Hibasami 火ばさみ N-020 > Amazon

参考価格:¥2,052
アウトドアブランド、スノーピークの火ばさみ。
長さ:40.5cm
重量:200g
材質:ステンレス・ビーチ材

薪は重いのがあるので、重い薪用に作られた薪ばさみもあります。

ロゴス(LOGOS) LOGOS 薪ばさみ 81064158 > Amazon

参考価格:¥2,268
アウトドアブランド、ロゴスの薪ばさみ。重い薪をがっちり掴めるように設計されているようです。
サイズ:約42×8×2.5cm
重量:約330g
主素材:スチール、木材

軍手とか

軍手

軍手
焚き火台やグリルの組み立てや片づけ時とか、あれば何かと便利です。
滑り止めのゴムのイボイボ付きは、熱で溶けたりするので不向きです。

100均とかでも購入できます。

熱いものを掴むときや重い薪を火に入れるときに使っています。
焚き火台とか五徳とか。火にかけたフライパン、スキレットとか、なんなら燃えてる薪とか。でもこいつは革の臭いが結構してます。ここまで大きなものはいらなかったかも。

 

アウトドアチェア

焚き火をゆったり楽しむために椅子は持っておいた方がいいと思います。簡易なスツールもあるけれど、やはり背もたれのあるコンパクトなチェアがおすすめです。

créer アウトドアチェア 折りたたみ 椅子 ローチェア 軽量【ポケット付き】(レッド) > Amazon

参考価格:¥2,680
私はこれを2脚セット割引で購入しました。もう少し安いものもあるようです。
このチェアは両サイドにポケットがあるのが使い勝手が良いです。

重量:0.90kg
収納サイズ:約35cm×12cm×11cm

DesertFox アウトドアチェア 折りたたみ 超軽量【ハイバック】コンパクト椅子 収納袋付属 (黄/ハイバック) > Amazon

購入時の価格:¥ 3,399
ハイバックのチェアが欲しくなって買ったやつです。頭まで持たれることができます。上記のチェアと状況や気分によって使い分けています。
重量:1.30kg
収納サイズ:約43cm×13cm×13cm

チェア大きさ比較2Lペットボトル

本家チェアたち

中華のチェアがあふれていますが、有名なのは韓国DAC社のヘリノックス

ついでに、ゆるキャン△で志摩リンちゃんが使っていたのと同じデザインと思われるALITEのものはこちらw

alite(エーライト) Mayfly Chair メイフライチェア > Amazon

参考価格: ¥25,800
重量:0.64kg
ゆるキャン△人気のせいか高値になっているように思います。

このジャンルの組み立てパイプ椅子の中では、かなり座面が低い作りです。そのために一度座ると立ち上がるのにコツがいりますw
メリットとしては上記のチェアたちよりも風に少し強いです。

これらのチェアの注意点を一つ。

軽いので、アウトドアでは座っていないとき風でよく倒れます。特に後ろに倒れやすいです。対策としては、一番上のチェアの写真ように、収納バッグを脚にぶら下げて重しになるもの、例えば500mlのペットボトルとかを入れておくとマシになります。椅子から離れるときは安全のためにわざと倒しておくというのも手で、わたしは大抵そうしています。特に焚き火にチェアがダイブしないように扱いに注意してくださいね。

もっと安くてコンパクトなチェアなら

100均ダイソーの折畳みパイプのレジャーイスとかでも大丈夫。
150円
 

懐中電灯、ヘッドランプがあれば便利

すっかり暗くなって、近くに明かりが無いサイトで片付けをするときなどにあれば便利なのがヘッドランプです。できれば一個持っておいた方がいいと思います。

Nikatto ヘッドライト ヘッドランプ+多機能収納ボックス 5モード 赤色付き IPX6防水 単4電池式 (黒/一個セット) > Amazon

購入時の価格:¥ 1,199
単4電池3本使用のLEDライトです。ケースに入れて点灯させるとランタンの替わりにもなる仕様です。

懐中電灯とかでもいいのですが、ヘッドランプだと両手が使えるので便利です。

しかし、最低でも懐中電灯は持っておいた方がいいですよ。
100均のLED懐中電灯でも十分使えます。

ナタとノコギリで拾った枝とか切ったり割ったり

焚き火をするのに絶対必要というものではないですが、落ち枝拾いとかしてきたものを切ったり割ったりして薪にする場合には、鉈(ナタ)や鋸(ノコギリ)が便利です。また広葉樹の薪を買って使う場合には、火付けのためにナタで小さく割ったほうが着火しやすいです。

冒険倶楽部(BOHKEN CLUB) なたとのこ 小 NS-180 > Amazon

参考価格:¥2,885
サイズ:鉈/全長350mm、刃身165mm、鋸/全長340mm、刃身180mm
質量:鉈/380g、鋸/90g
材質:さやなた/鋼、樫、剪定鋸/鋼、ブナ材、収納ケース/合成樹脂、合成皮革

ナタとノコギリを一つのケースに収めることができます。

 

ナタの刃先の目立て済なのでそのまま使えます。
堅い広葉樹の薪を細く割るときなどは、ナタの背をハンマーで叩かず、薪で叩いて割る方が良いです。ハンマーで叩くとナタの背が変形してしまいます。
 

参考:着火時の薪組

日影沢キャンプ場焚き火点火
焚き火着火
針葉樹の薪は、火が付きやすいです。
固形燃料を着火剤に使えば割と簡単に着火できますが、出来れば火が付きやすい新聞紙を緩く丸めたものとか、小枝、細く割った薪を先に組んで火をつけた方が確実です。
薪を積む場合のコツとしては、薪の下や薪と薪の間に空気が通る空間を確保しておくことです。
火がついても、すぐに薪を大きく動かさず、火が安定するまでうちわや火吹き棒で空気を送ってやってください。

焚き火を楽しむ道具とかまとめ

焚き火を楽しむために、最低限必要なものを上げるとすれば

  1. 焚き火台(直火OKの所ならいらないけれどもそういう所は少ないです)
    ¥2,000
  2. ライター(100円ライターやマッチでもOK)
    ¥110
  3. 着火剤(もしくは火だね)100均のでOK
    ¥110
  4. うちわ(無ければ100均で購入)
    ¥110
  5. 火ばさみ(代わりにトング)100均のでOK
    ¥110
  6. チェア(あった方が絶対いい)
    ¥2,680(ダイソーの折畳みパイプチェアなら150円)
  7. 懐中電灯(あったほうが絶対いい)100均のでOK
    ¥110
  8. 燃えにくい服装がベター(化繊の服は火の粉で穴があいちゃうので)

以上の7番までは安く揃えたら5,000円くらいで揃えられますね。チェアを安く抑えれば、ヘッドランプ込みでも5000円以内!焚き火が面白いか試しにやってみようというような方ならこれくらいの道具で始めてみるのはいかがでしょうか?わたしも最初はメッシュ焚き火台から始めました。

5000円で揃える焚き火道具
日帰り焚き火道具一式、総重量約2.1kg

これらがあれば、まずは日帰り焚き火を楽しむ事が出来ます!
そして、別の機会に記事を書こうと思っていますが、以上のものに『薪』(一束500円~1,000円)です。
設備の整ったキャンプ場なら、そこで薪を購入できるところもありますがそうじゃない所で焚き火をするなら、ホームセンターで購入するのも手です。

各焚き火場所の紹介記事では、近くで焚き火用の薪を買えるところも紹介しています。

若洲公園キャンプ場ゲートブリッジ> 焚き火入門!半日有休使って都内で手ぶら日帰り焚き火を楽しむ!

0
最新情報をお知らせします!