2019北海道遠征焚き火キャンプツーリング(14:代車で釧路)

2019/9/6~9/27、北海道焚き火キャンツー!
頼りはスマホ、ほぼノープランでいきあたりばったりの焚き火キャンプツーリング記(その14)9月21日(土)。タイヤが削れたNmaxを釧路オートワンに預けた代車で今日は釧路キャンプツーリングだーーー

2019北海道遠征焚き火、代車で釧路キャンプツーリングだ

昨日夕方に浜中町から釧路までスクーターNmaxをトラックで搬送してもらい、タイヤが入荷待ちで交換終わるまでの間、貸してもらった代車、YAMAHA 初代シグナスで釧路キャンプツーリングです。

快活CLUB 釧路木場店で朝ー

前夜泊まったネットカフェ快活CLUB 釧路木場店で朝飯です
快活クラブは朝食のトーストとポテトが食べ放題でした!

よし、ばっちり腹ごしらえ!(6:50)

清算して出発だ!
料金は12時間利用で2,700円でした。(8:20)

ってまずガソリン満タンにしておこう

シグナスはNmaxとはフレーム構造が違い、いわゆる普通のスクーターと同じ足元フラットなステップで、給油するためにシートバッグを下ろしてシートを開けないと給油口が出てこないところが面倒くさい。現行シグナスはフロント給油になっているんですけれどね。
そうそう、この初期型シグナス125を借りて乗った時驚いたのが、振動がすごくマイルドで柔らかな乗り心地なこと。これが1984年モデルとは驚きです。そしてなんとリアブレーキがフットブレーキなんです。

って、では釧路湿原展望台に向けて出発だ!(8:30)

釧路湿原展望遊歩道(北斗展望台園地)

30分も走ると街中を抜けて釧路市湿原展望台に到着しました(9:00)

ここに展望台の建物があるのですけれど、湿原展望遊歩道があるので歩いてみることにしました。ここの地図にはコースの区間毎に距離と所要時間がていねいに書いてありました。

サテライト展望台に着くと、女子二人が自撮りをしていたので、声を掛けて交代で撮ってもらいましたよw。

(9:30)

さて、昨夜は今日のルートを検討する時間がたっぷりあったわけだけれども、
結局マークしたのは、ここの釧路湿原展望台と、キャンプ地の目当てだけという、、、

明日はタイヤ交換してもらったNmaxをさっと引き取りに行かなければならないので、もうちょっと北の阿寒湖までいくにはちょっと距離があってあきらめた方が良さそうです。
まあ結局いきあたりばったりですw

しかし、台風が気になる。。

たんちょう舞ろーどを北上だ

さて、釧路湿原沿いの”たんちょう舞ろーど”をのんびり北上していきますか

天気も良くなってきました。道沿いにスクーターを停めて眺めながら一服です。(10:16)

しかし、このシグナス、使い道が一致すると相当いいスクーターですよ。
この初代シグナス125のマフラーのさりげないデザインもこれはこれでアリかもなあ。1984年のこのモデルの発売当時はきっと斬新なデザインに見えたんだろうけど、今見ても全然陳腐ではなく、主張しすぎないジェントルな中にもさりげないアクセントが効いた良デザインに見えてくる。これが”一周回って”ってやつかな。
初めて乗ってみて、非力なのは否めないとしても、すごく振動が抑えられていて低速で走ってもスルスル走るストレスのないエンジンで、Nmaxから乗り換えたらこいつはサルーンか?と思えるような乗り味です。まあ足回りの柔らかさの影響も大だと思いますけれどもかなりこの空冷4スト125ccエンジンのバランス設計がいいですよ。後で調べたら一軸バランサーがついてるというから納得です。まあ古いスクーターなのにここまで性能を維持している釧路オートワンさんの整備がいいのかな?
そういえば、わたしが初めて買った二輪は中古のヤマハの50ccパッソルだったなあ。そっから二輪が楽しくなり大型免許も取り、もっと大きなバイクにも乗ったけれど今またヤマハの125ccの小型スクーターに乗っているという、、、
おっと、話が横にそれてしまいましたw

さて、そこから少し北に走ると温泉があるようで、今日はのんびりキャンツーなので昼間からひとっ風呂浴びていくぞー

”Aコープつるい”が有ったので、今日はここで昼飯を仕入れて行きましょう。ちっちゃな蚊取り線香も買っておきました。

グリーンパークつるい温泉

ありました温泉、”グリーンパークつるい”(11:00)

ここは宿泊施設なのですが、日帰り温泉もあります。源泉100%かけ流しの天然温泉、露天風呂ありです。
昼間からのんびり天然温泉、ああ~贅沢w(600円)

ここは阿寒郡鶴居村、このあたりは丹頂鶴が棲んでいるそうです。ここのたんちょう舞ろーどでは残念ながら丹頂鶴に遭遇しませんでしたが、北海道を走っていて今日までに何度か鶴を見かけましたよ。

このあたりは”グリーンパーク”というレクレーション施設になっていました。

ホテルグリーンパークつるい

昼飯を自炊(つるいキャンプ場)

さて、温泉も入ってちょうど昼飯時です。どこかで自炊できるところはないかな?農道とか河原とか、、、

スクーターでグリーンパークつるいの南側に流れる川を渡って川沿いに進んでいくと、
むむ!テントがたくさん設営されているのが見えてきました!

なんと、キャンパーに話を聞くとここは”つるいキャンプ場”でした!なんと無料、すばらしい!
よし、ここで昼飯を自炊しましょう!

炊事棟が空いていたので、ここを使わせてもらいましょう。(12:48)

自炊と言っても、Aコープつるいで買ったいかめし、498円をボイルして

えーい、焼き弁も喰ってしまえ
あー腹いっぱいw(14:11)

ところで、根室の100均キャン・ドゥで買ったこのステンレスのキッチントレーが何気に便利でした。このまま火にも掛けて肉でも焼けそうですし、やっていないけれども。

しかし、ここ”つるいキャンプ場”は炊事棟、洗い場(水)、トイレも整っているし、すぐ近くにAコープがあり、温泉もあるいいキャンプ場です。ここを長期の拠点にしているキャンパーもいそうですね。

今日はここで一泊しても良さそうですが、もうちょっと走りたいので当初予定していたキャンプ場を目指します。

阿寒丹頂の里 自然休養村野営場

さて、目指すは阿寒丹頂の里 自然休養村野営場へ

GoogleMapではわりと平坦なルートを勧めていますが、ワインディング山越えルートで行きますw。約30kmです。

途中”Aコープほろろ店”があったので食材を仕入れていきましょう。
冷凍のジンギスカン肉があったので買いました。焼くときにはいい具合に解凍できているでしょう。680円

シグナスでワインディングを楽しんでキャンプ場に到着です

キャンプ場”自然休養村野営場”は”道の駅阿寒丹頂の里”の奥にありました。700円税抜き
(15:14)

管理棟でスタンドの下に敷く板を貸してくれました。おかげでサイトの中まで乗り入れて停めることが出来ました。

さて、あとは飯を作るだけの状態にして、温泉だ!
但しこのキャンプ場は焚き火禁止のようです。
食材類は野生動物を警戒してテントの中に。

道の駅に隣接して宿泊施設があり、丹頂の里温泉で日帰り温泉入浴が出来ました

温泉500円

しかし、パンツの破れが凄い <ってまだしつこく履いてる^^;

道の駅で美味そうなミニトマトが有ったので買っておきました。(18:00)

今晩の食材たち。
Aコープほろろで買った冷凍ジンギスカン(680円)にパイナップル(298円)、道の駅阿寒丹頂の里で買ったミニトマト(280円)。ジンギスカンはいい具合に自然解凍されていました。

今日は焚き火もなく冷えてきたので、カイロ出動。

ジンギスカンを焼きながらさっき買ったミニトマトをつまんで、、、、
うっうまあまーーーーー

いやーこれが、美味甘い甘い甘い。この後食ったパイナップルくらい甘い!こんなミニトマト食ったことないぞ!!
なんだこれはとパッケージをよく見てみたら、ミニトマト千果(ちか)、阿寒町仁々志別産生産者佐藤農園。佐藤さんグッジョブ!!
って、このジンギスカンも美味い!

そして食後のフルーツ

うはっ、喰いきれるか(笑)
このパイナップルも食べ頃で美味かったがむっちゃ腹いっぱい!!w

ってことで、お休みなさい。
明日は釧路オートワンに戻ってNmax引き取りだ!

つるいキャンプ場情報

〒085-1203 北海道阿寒郡鶴居村鶴居西8丁目

鶴居キャンプ場利用について
 鶴居キャンプ場は無料のキャンプ場として、釧路地域をはじめ全国各地から毎年多くのキャンパーが訪れます。
 本キャンプ場が無料ということもあり、従来から利用者様によるご協力(ごみの持ち帰りなど)を頂いてきたところであります。
 ルールやマナーを守れない方が多いと、今後キャンプ場の利用について制限をかけることも検討せざるを得ません。
 施設利用にあたっては、全ての利用者様が気持ちよくキャンプを行えるよう他人の目線に立って利用しましょう。

これはもう無料キャンプ場全てに言える事ですね。特にゴミの持ち帰りは重要です。このような無料キャンプ場がいつまでも利用できるようにしたいものです。

・問合せ先 :鶴居村教育委員会教育課 0154-64-2050

・サイト:フリーサイト、無料

・ごみ捨て場なし。持ち帰りのこと。

・荷物運搬:サイト横に乗り入れ可

・備考:
 炊事場,洗い場、トイレ。自販機あり
 近くに、レクレーション施設グリーンパーク、温泉、Aコープあり 

阿寒丹頂の里 自然休養村野営場情報

〒085-0245 北海道釧路市阿寒町上阿寒34
Web 道の駅阿寒丹頂の里自然休養村野営場

・問い合せ先:地域資源活用工房 TEL 0154-66-3810 (AM9:00~PM5:00)

・利用期間:4月~10月

・サイト:フリーサイト(一張り770円) バンガロー(一棟5,500円~)

・備考
 道の駅阿寒丹頂の里隣接(食材購入、温泉、レストランあり)
 アスレチック遊具などあり、周りに観光施設あり

2019北海道遠征焚き火キャンプツーリング 9月21日 (土)まとめ

快活クラブ釧路木場店->阿寒丹頂の里 自然休養村野営場:約80km(代車のシグナス125で)
ここまでの積算移動距離:約2,684km

今日はスクーターNmaxを修理で預けた釧路オートワンさんで借りた1984年初期型ヤマハシグナス125でキャンツーでした

いや、この初期型シグナスの静かで柔らかいセッティングが乗り心地が良くびっくりでした。峠を楽しむには小パワーで少し柔らかすぎなんですが。

明日は釧路オートワンさんに戻ってNmaxを受け取らないといけないので近場でキャンツーでしたが、天気も良くなり気持ちのいいツーリングが出来ました。

ここまで、石狩、稚内、名寄と無料キャンプ場がありましたが鶴居にも無料キャンプ場を発見!有料キャンプ場でも公営キャンプ場が多くほとんどが800円以下でいやーやっぱり北海道はキャンツー天国です。

釧路オートワンさんからは、タイヤ交換出来たよーという連絡をもらっていたので、明日はNmaxを受け取って西に向かいます。
ってことでまったなー
ではでは(^^)/~~

0
最新情報をお知らせします!