2019北海道キャンプツーリングで焚き火(12:納沙布岬でピンチ!)

北海道キャンプツーリングで焚き火!頼りはスマホのいきあたりばったりの旅(その12)9月19日は絶景の納沙布岬!岬で生さんま丼!さて、また浜中町に戻ろうと霧多布岬キャンプ場を目指しながら納沙布岬をぐるりと巡るのですが、、、ここで大トラブル発生!!冷や汗で『浜中町・MO−TTOかぜて』になんとかたどり着くのだったー!

ルート:根室→納沙布岬→落石岬→『浜中町・MO−TTOかぜて』でキャンプ泊

前日の:知床野営場→知床五湖展望→カムイワッカ湯の滝→知床峠→羅臼→根室『築拓キャンプ場』でキャンプ泊焚き火の記事はコチラ▼

前日の記事

北海道キャンプツーリングで焚き火!頼りはスマホのいきあたりばったりの旅(その11)9月18日は盛りだくさん、知床半島カムイワッカ湯の滝までオフロードをドリフトうぇーい!絶景の知床半島を横切って南下、あれ?こんな所に露天風呂?羅臼でブドウエ[…]

まずは納沙布岬を目指して出発だ

昨日はキャンプ場探しで一杯食わされて余計な距離を走ってしまったけれども、今日は天気も最高、納沙布岬を時計回りにぐるっと巡って、再度浜中町(ルパン三世フェス)を目指すぞ!が、心配していたあれが、、、

朝ーー!(5:30)

今日は天気が良さそうですよー

って、あれー
朝起きたら、エアマットの空気が抜けてぺちゃんこに!どっか穴開いたのか!エアマットは収納がコンパクトなのはいいけれどウレタン銀マットやフォームマットと違ってこれが最大の弱点です。
国設知床野営場で銀マット拾っておいて良かったー、薄いけど。

今日はなんとなく
朝陽を眺めながら、テントの前室でテントに入ったまま朝飯を食うことにしました。

木漏れ日の朝陽がいい感じですw
札幌のあきらさんからもらったネスレのコーヒースティックたち
コンビニパンを、グリルパンで温めます
コロッケパンがいい感じですw

朝飯食って今日のルートの検討です。
納沙布岬をぐるっと巡って満喫し、今夜のキャンプ地として浜中町の霧多布岬キャンプ場を目指します。
距離も150kmと余裕があります。

今日明日は、浜中町のルパン三世フェスをのんびり堪能しましょうw

天気がいいので、夜露に濡れたテントをささっと乾かしてと、、、
あれぇーー
いや、パンツの尻がすり減って破れてるなーとは思っていたのだけれども、まじまじ見てみると相当すり減って穴が開いてしまってらー
気に入って長いこと使っていたが、まあ、いいかぁまだ履けるだろーーーーwww
よし、出発だ!(10:00)
 

納沙布岬!

築拓キャンプ場を出発して根室市街を抜け50kmも走ると、納沙布岬のかなり先端に近づきました。

あーーーーーーーー
リアタイヤの真ん中の溝が完全になくなってるーーーーーーーーー
よく見ると、ところどころゴムがちぎれ飛んでるし。やっぱダート路でドリフトしまくったのが悪かったかー
しかし、帰るまで持つのか?
まあ、とにかく走るかー
って、ここから風がきつい!
来たぞー
納沙布岬の先端!本土最東端!(11:30)
 

納沙布岬 鈴木食堂でさんま丼

灯台へ行く道で目に付いていた鈴木食堂。その手前には岬の駅とかで小ぎれいなレストランもあったのだけれどもこゆとこ気になるー

駐車場に停めて入ってみました。

生さんま丼セット1900円(花咲ガニの味噌汁付き)
生さんま丼1300円(みそ汁付き)

ここは当然生さんま丼セットでしょう
と注文したら、花咲ガニが入荷していないと言われ生さんま丼に

この、店の休みを伝えるために使うんだろう札が笑えますw

 

生さんま丼キターーーー

うわ!さんまぎっしりだ!
さすが、さんまの水揚げ量日本一の根室の生さんま、歯ごたえがしっかりしています。添えられた魚卵がいいアクセントになっていました。
ごちそうさま!

返せ北方領土 納沙布岬

納沙布岬をぐるっと回って浜中町の霧多布岬キャンプ場を目指しましょう

道を逸れて海に近づくと未舗装路になってどこもこんな感じです(12:30)

カモメの群れー
この時は強い向かい風にたくさんのカモメが浮いていましたw

根室市内キャン・ドゥ

根室市街まで戻ると100円ショップのキャン・ドゥが有ったので買物をしておきました。

部屋干しトップワンパック
洗濯ばさみ10
固形燃料25g*3二つ
キッチントレー(ステンレスのトレー)

落石岬

途中落石岬に寄ってみました
ここも道を進んでいくと未舗装路です

西側は砂浜(14:00)

東側は断崖(14:10)

っと、落石岬でもダートを走ってきたわけですが

ぐはっ!

タイヤ、アウト!

タイヤがやばいのを忘れて納沙布岬を快調に飛ばし、落石岬でまたノー天気にダートも走ってしまいました。
中央部がついにゴムが削れ補強コード層も削れてしまっているではないですか!
さらに削れると穴が開きますよー!

ここから、浜中町の霧多布岬キャンプ場までは60km弱、とにかくタイヤ交換できるところを探さなければ!
 

タイヤがやばい!NMAXピーンチ!

スマホで近くのバイク屋を探します。Google Map で『近くのバイク屋』

しかし、出てくるのは車屋ばかり。少なくとも根室ではバイク屋が一軒しか出てきません。
電話をしてみると、タイヤは取り寄せで3日くらいかかるよ~という返答、、、、
それはないわー
しかし、中標津や帯広とかも何件か電話しても全て在庫なし、取り寄せ3日くらいという判を押したような返答、、、、

スクーターを停めてタイヤを診ていると、ありがたく『大丈夫かい?』と声を掛けてくれるバイカーもいましたが、これはどうしようもありません。

3日待つなら途中キャンプして250kmほど先の帯広まで行くかと、帯広のバイク屋にタイヤ交換の予約を入れて、タイヤへの負担を気にして時速30kmくらいでトロトロ移動します。

夕陽はきれいだけれども、、、リアタイヤからはかなりタイヤノイズがするようになってしまいました、やばいです。

時々スクターを停めてタイヤのチェック。かなりリアタイヤが摩耗してきました(汗

霧多布キャンプ場まであと16km!

っと、このあたりでコーナリング中のリアタイヤの挙動がグニャリとなってしまいました!

あちゃー、リアタイヤ逝った!甘かったかーー

リアタイヤが削れて穴が開いてしまい、エアが抜けてぺしゃんこになってしまいましたー。

慌てて、一番近くのキャンプ場を探したら、『浜中町・MO−TTOかぜて』というキャンプ場がここから10km程度です。そこを目指しましょう、なんとかホイールが逝かなければいいのですが、、、コーナーではほとんどスクーターをバンクさせないようにして時速20kmくらいでそろそろ走っては停めてリアのチェックしながら向かいます。
幸いタイヤのサイドに結構強度が有りそうですが、ホイールを凹ませたらマジやばいです。

帯広のバイク屋はキャンセルしておきました。そんな所まで行けないです、、、

ほんと、冷や冷やしながらゆっくり走りました。
これが長かったーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

着いたぞーーーー!!『浜中町・MO−TTOかぜて』(汗;

なんとか、なんとか着いたぞーーーーーーぉ(汗;

16時ころに浜中町・MO−TTOかぜてに到着することができました。

しかし、パンツのお尻もかなりの穴に、おまえもかー^^;

受付でキャンプ一泊300円(安い)を払って、タイヤがパンクしちゃったんですよーと話していたら、後で事務所のお兄さんがキャンプサイトまでやってきてくれて、バイク屋さん探しを手伝ってくれました。ありがとうございます!

タイヤがアウトなのに気づいてから、何件も電話しつつ浜中町まで来ましたが、結局一番近いだろうと”釧路オートワン”に頼みました。
それでもここから約80kmあります^^:

しかし、そのタイヤなら取り寄せで3日くらいかかるね~と、やはりか!
今日は木曜なので土曜か日曜になるねと、しかたないですね。

しかし、摩耗して穴開いたと言ったら、そりゃ大変だねと言いつつ笑われました。そりゃそうだわ^^;;

それに、このままでは当然もう走れないので引き取りもお願いすると、遅くなるけど19時くらいには行ってあげるよと。

いや、今日はここでキャンプするので明日でいいですと言うと、明日なら夕方になるけどいいかと言われて、まあいいかとお願いしました。

いやーー
綺麗に削れてて穴が開いていますーーーーーーーorz(やっと写真撮る余裕がでてきた^^;)

”浜中町・MO−TTOかぜて”でキャンプ

結局明日夕方にスクーターを引き取りに来てもらうことになったので、もうのんびりキャンプです!

タイヤトラブルでコンビニとかも寄らなかったので、今晩のキャンプ飯は在庫のパスタ茹でてミートソースです。
パスタ(麺類)はトランギヤメスティンで茹でることもできますが、私の場合はポット状のクッカーで茹でた方が上手くいきます。メスティン(小)だとパスタが内側にくっつきやすく、しょっちゅうかき混ぜてないといけないんですよ。まあどちらで茹でる場合でもパスタは折らないといけませんが。
このアルミクッカーはスノーピークトレック 900ml SCS-008 です。沸騰すると蓋が飛びやすいので注意です。
このスノーピークのクッカー、ソロで使うにはちょうどいいサイズ感なのですが、蓋はミニパンとして使えはしますが小さすぎてほとんど使わずもっぱらカップ替わりに使っていますが、重いものを乗せるとたまに取っ手のストッパーが外れて中身を落っことすんですよね。このサイズで取っ手が引っ掛けじゃないタイプを作ってもらえたらもっといいクッカーになるのにと思います。食い物を落っことしてしまったときのダメージはでかいですからね、精神的に。

焚き火OKってことだったのだけれども、当然薪はなし。
キャンプ場の周りで枝拾いでもできないかと、ちょっとうろついて探してみたけれども、すでに日が暮れて暗く諦めました。

しかし、とっても広いキャンプ場なのに、今晩のテント泊は私だけでしたーーー
やはり浜中町なら霧多布岬キャンプ場の方が大人気のようです。

しかし満天の星が綺麗!!!

ということで、お休みなさい。
今日はさすがに疲れました^^;

浜中町・MO−TTOかぜてキャンプ場情報

このキャンプ場、上空から見ると牛の形しているんですよw
わたしがテントを張ったのは牛の右目のあたりです。

MO-TTOかぜて(中山間活性化施設)では、浜中町産の牛乳を使ったアイスクリーム作りのほか、ソーセージ作り、ピザ作りといった各種体験が楽しめ、キャンプ場(有料)、遊具などもあり、大人から子どもまで楽しむことができます。<公式webより

・問合せ先 :北海道厚岸郡浜中町浜中東6線66番地 MO-TTOかぜて 0153-64-3000
 Webサイト: 浜中町公式

・サイト:フリーサイト

・利用料金 :テント1張(5人まで)330円、テント1張(6人以上)550円

・ごみ捨て場あり。

・荷物運搬:バイク、サイト横に乗り入れ可

・備考:焚き火OK
 炊事場,トイレ,シャワー室有料200円(シャワー室利用で電源利用可)
 周りが林なので、風を防いでくれているようです。

2019北海道キャンプツーリングで焚き火 9月19日 まとめ

ツーリング走行距離

根室築拓キャンプ場->浜中町・MO−TTOかぜて:約163km
ここまでの積算移動距離:約2,523km

今日は納沙布岬を満喫したのだけれども、いやー、とにかく今日はタイヤトラブル!!!

ちゃんと気づいて注意しなかった、いや薄々気づいてはいた自分が悪いのだけれども、北海道出発前にはちゃんと行きつけのYSPショップに持って行って北海道行くからとメンテナンスしてもらい、タイヤはまだあるねという話だったのに、わたしの走りがやばかったのか?
たしかに、ダート路でドリフトやりまくったのが効いたかー

しかし、削れて穴まで開くとは思いもよらなかったわ!

ってことで、次回(13)に続きます
が、明日スクーター引き取られるまでどうするんだ?
ではでは(^^)/~~

:全行程、かかった費用の詳細と合計などはコチラ▼

関連記事

北海道キャンプツーリングで焚き火(2019/9/6~9/27のいきあたりばったり)の総まとめです。全ツーリングルート、焚き火が出来るキャンプ場、持ち物、服装、装備、掛かった費用などをまとめました。困った時のバイク屋さん情報もまとめてみまし[…]

最新情報をお知らせします!