スクーターで行く焚き火と道具紹介

125ccスクーターで行く焚き火(焚き火、飯、珈琲)と道具紹介

日帰りで行く焚き火なら、このスクーター(YAMAHA NMAX 125cc)の場合、シート下トランクと、フロントコンソールバッグで道具一式が収まります。

フロントバッグは約18Lあり、シート下トランク容量は約24Lで40cm程度の長さのものも収納できます。
テント泊の場合には、リアにもバッグを積みます。

使っているフロントバッグはこちら

YAMAHA(ヤマハ) コンソールバック Q5K-YSK-069-P16 > Amazon

参考価格:¥10,133
容量:18L
シート下に通したベルトで固定します。

このフロントバッグは、YAMAHA NMAXやTMAX などフロントがトンネル形状のスクーターにフィットするように作られています。HONDA PCX などにも装着できるようです。

今回は、このフロントバッグとシート下トランクに道具一式を詰めて焚き火に行きます。場所は府中郷土の森公園バーベキュー場です。なお、薪は現地近くで調達しました。

今回のフロントバッグとシート下トランクの中身

これは2019年当時の装備で現在とは違ってきていますが、今回は以下の道具を持って来ました。

シート下トランク

シート下トランクには、トートバッグと大き目の道具を入れています。これらの道具をトートバッグに入れて運びます。
テント泊の場合は、ここにテントを入れたりします。

トートバッグに入れたシート下トランクの道具たち
長めのものをメインに収納します

フロントバッグ

フロントバッグの道具たち

薪の購入

今回は、府中市八幡町の『川島商店』さんで薪を購入しました。(一束900円程度、ナラ)

(有)川島商店
〒183-0016 東京都府中市八幡町2丁目27−8
> GoogleMap

薪を川島商店で買うと、焚き付け用の小枝を一掴みもらえます。

薪を一束、トートバッグに入れてスクーターのリアシートに積んで運びます。

飲用水の確保

府中郷土の森バーベキュー場は現地で飲用水が確保できるので便利です。

焚き火の準備

今回は焚き付け用の小枝があるので、薪をそんなに細かく割る必要はありませんが、いくつか適当に小さく割っておきます。
燃やす順番をイメージして薪を並べておきます。

飯炊き

メスティンでレトルトカレーライス

メスティンに無洗米1合入れて、ポケットストーブと25g固形燃料で炊飯します。防風版で囲って風で火力が弱まるのを防ぎます。後は火が消えるまで放っておくだけです。
レトルトカレーをメスティンの上に乗せておくと程よく温まります。

珈琲

ミルで豆を挽いて珈琲を淹れます。湯沸かしはガスバーナーでさっと。

準備完了

ブルーツゥーススピーカーとキャンドルランタンセット

焚き火着火!

今回は固形燃料と小枝があるので楽に着火できるでしょう。
固形燃料の上に、小枝をふわっと積み上げて着火です。(17:30)

焚き火を、、、楽しむ

陽が落ちていい感じになってきました。

燃え尽きて撤収

22:00時、全ての薪を灰にして、灰はゴミ袋に入れて片付けて撤収です。

シート下トランクに入れていた分は、家に帰った時の荷物運びを考えて、トートバッグにいれたままリアシートに積んで帰ります。

関連記事

関連記事

(東京都府中市)郷土の森公園バーベキュー場で焚き火デイキャンプ  ※注意!現在新型コロナウイルス対応で閉鎖中の可能性があります。詳細確認は>こちら。 郷土の森公園バーベキュー場は東京都府中市内の多摩川沿いで日帰りで焚き火が楽しめる河[…]

関連記事

わたしの焚き火台や着火道具たち わたしが焚き火に持って行く実際に使っているものやおすすめの道具を紹介します。わたしが焚き火に行くときは、ほとんど125ccのスクーターに乗っていくので、出来るだけコンパクトで積載可能な、かつなるべくお[…]

関連記事

焚き火をもっと楽しくする道具たちを、わたしが使っているものを中心に紹介します(焚き火&珈琲編) 今回は焚き火をもっと楽しくするためにわたしが焚き火に持って行って実際に使っているものやおすすめの道具たちを紹介します。焚き火基本[…]

関連記事

焚き火をもっと楽しくする道具たち(焚き火&アウトドア飯) 今回も焚き火をもっと楽しくするために、わたしが焚き火に持って行って実際に使っているものやおすすめの道具たちを紹介します。(宿泊のための用具は除く)今回は、クッカー、調理道具編[…]

関連記事

2019/9/6~9/27間で小型スクーターで北海道に焚き火遠征してきました!頼りはスマホのほとんどノープランで、いきあたりばったりの北海道焚き火遠征キャンプツーリング記(その1)です。 2019北海道遠征焚き火キャンプツーリング[…]

0
最新情報をお知らせします!

焚き火レポートの最新記事